ニュース

トヨタ・モビリティ基金、兵庫県豊岡市とともに、 「人とモビリティがつながるまちづくり」に向けた取り組みを 「豊岡演劇祭」を契機に開始

 一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation、以下「TMF」) は兵庫県豊岡市において、地域住民や観光客の移動の利便性向上、及び、地域活性化に向けた活動を開始します。
 全国の多くの都市にて見られるように、豊岡市においても少子高齢化、人口減少等と連動して移動の不便が生じていますが、同市は対策として、文化芸術による地方創生を通じて、移動を含む地域課題の解決を目指しています。その活動の一環として、2020 年度から「豊岡演劇祭」を開始予定であり、本年はその予行として「第0 回豊岡演劇祭(以下、演劇祭 ※1)」が9 月6 日~8 日にて実施されます。
 この機会を捉え、TMF はKDDI 株式会社、全但バス株式会社、兵庫トヨタ自動車株式会社と共に、「路線バス等の走行位置の見える化」、「超小型モビリティ(※2)の無料貸し出し」、「地域住民向け回遊サービス(※3)」といった新たな移動の仕組みを導入し、11 月末日まで実証実験に取り組みます。終了後には効果検証を行い、人とモビリティが繋がるより良いまちづくりに向けて、行政、公共交通事業者、地域の皆様、自動車産業関係者とともに活動を継続していきます。

<取り組みの概要>
(1) 路線バス等の走行位置の 「見える化」
公共交通機関の利便性を向上し、地域住民、観光客による演劇祭会場への移動が容易になるよう、全但バス株式会社が運行する路線バスに、車両管理システム「Cariot(キャリオット。株式会社フレクト提供)」を搭載し、その走行位置をリアルタイムで「見える化」します。演劇祭中は、KDDI 株式会社が市内3か所(城崎国際アートセンター、城崎温泉ツーリストインフォメーションSOZORO(そぞろ)、全但バス出石営業所)に設置するデジタルサイネージや携帯サイトにて車両の走行位置情報を表示します。演劇祭終了後は、地域の皆様が日々集う豊岡市民プラザ等にデジタルサイネージを設置し、取り組みを継続します。(実施期間: 9 月6 日~11月末日)

(2) 超小型モビリティの無料貸し出し
交通が不便な観光拠点への移動手段の構築、及び、高齢者を含む様々な方の気軽な外出機会の増加を目指し、近距離移動に適した超小型モビリティ15 台を市内3か所(豊岡駅前、城崎温泉駅前、全但バス出石営業所)にて無料で貸し出し、乗車体験いただきます。安心・安全にご利用いただけるよう、兵庫トヨタ自動車が車両のメンテナンスを実施します。 (実施期間: 9 月6 日~11月末日)

(3) 地域住民向け回遊サービス
地域の皆様がより気軽に演劇祭に参加できることを目指し、兵庫トヨタ自動車が、城崎、出石、歴史博物館、城崎マリンワールド、兵庫トヨタ豊岡店の5カ所を運行するサービス(無料)を行います。(実施期間: 9 月6 日~8 日)

 TMF は、2014 年8 月の設立以来、豊かなモビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に、タイやベトナム、インド、ブラジルでの交通手段の多様化や、日本の中山間地域における移動の不自由を解消するプロジェクトへの助成のほか、障害者向けの補装具開発を支援するアイデアコンテストの実施、水素研究の助成、人工知能による交通流最適化の共同研究など、世界のモビリティ分野における課題に取り組んでいます。
 今後も、トヨタの技術・安全・環境に関する専門知識を活用しながら、大学や政府、NPO や調査研究機関等と連携し、都市部の交通課題の解消、パーソナルモビリティ活用の拡大、次世代モビリティ開発に資する研究などの取り組みを進めていきます。また、各種取り組みを通じて、SDGs の達成にも寄与してまいります(※4)。

(※1)「第0 回豊岡演劇祭」 (https://toyooka-theaterfestival.tumblr.com/)
演劇やダンスなど舞台芸術をメインにさまざまな演目が行われるアートイベント。平田オリザ氏(豊岡演劇祭フェスティバルディレクター)の代表作『東京ノート』のインターナショナルバージョンを含め4 演目が行われます。豊岡市では、まちづくりと連動して進化する演劇祭を目指しており、本年の第0 回では、2020 年度から本格実施する「豊岡演劇祭」に向けた課題を抽出します。

(※2) 超小型モビリティ 「コムス」
トヨタ車体株式会社が製造する電気自動車。近距離移動に適しており、走行時にCO2 や大気汚染物質が発生しない環境にやさしい乗り物です。全長2395mm 全幅1095mm 全高1500mm (P・COM)
最高速度: 時速60km 航続距離:57km(JC08 モード相当)
充電方法:一般家庭用コンセント100V 電源 (約6 時間で満充電)
※ 原付ミニカーのため車庫証明・車検は不要。 運転には普通自動車免許が必要(ヘルメット不要)

(※3)地域住民・ファミリー向け回遊サービスのタイムテーブルは、運行スケジュールホームページ
https://www.toyotakaiyu.com/toyooka/) で確認することができます。
(※4)TMF のSDGs
今回の取り組みでは、SDGsの17 の目標のうち、「目標11.住み続けられるまちづくりを」や「目標17.パートナーシップで目標を達成しよう」の実現を目指します。

参考資料