ニュース

トヨタ・モビリティ基金、インドネシアで 医療従事者による新型コロナウイルス検体輸送のための オンデマンド型サービスを開始

 新型コロナウイルスによる深刻な影響が続く中、各国において社会の各層で様々な対応が実施されていますが、とりわけ、医療従事者は最前線で人命救助と感染拡大防止に尽力されています。
一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金 Toyota Mobility Foundation 。以下「 TMF 」) は、インドネシアにおいて医療従事者が安全かつ効率的に検体を検査機関に運ぶために、オンデマンド型の 輸送サービスを提供します。期間は本日より約 3 か月間を予定しています。

 このサービスは、トヨタアストラモーター社 PT. Toyota Astra Motor と トヨタ ダイハツ エンジニアリ ン グ アンド マニュファクチャリング株式会社( Toyota Daihatsu Engineering & Manufacturing Co.,Ltd. の運営支援を受け 、インドネシアにおけるジャカルタ首都特別州北ジャカルタ地区と西ジャワ州ブカシ地区にある 6 つの医療機関を対象にして、 4 台の 車両 をオンデマンドで運行するものです。

 車内には空気清浄機を設置するとともに、定期的なシートカバー交換や頻繁な清浄などの衛生管理を行います。また、 検体を検査機関に運ぶ 医療従事者が携帯電話のアプリから 乗降場所と乗車時間を指定し 座席を予約する と、 他の 医療従事者 からの要望も 踏まえた最適な輸送ルートが選定され ます。現在、医療従事者は検体の輸送手段を 個別に手配して いる ため、 本サービスにより簡易的、効率的に検体を輸送することが 可能になります 。

 TMFは 本年 4 月以降、タイのバンコクとフィリピンのマニラにおいて、新型コロナウイルス感染症対策 に携わる医療従事者の通勤負荷を軽減するため の オンデマンド型の 輸送 サービス を 提供しており、本プロジェクトは その活動を 拡充するものです。

 TMFは、2014年8月の設立以来、豊かなモビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に、タイ、ベトナム、インド、ブラジルでの交通手段の多様化や、日本の中山間地域における移動の不自由を解消するプロジェクトへの助成のほか、障害者向けの補装具開発を支援するアイデアコンテストの実施、水素研究の助成、人工知能による交通流最適化の共同研究など、世界のモビリティ分野における課題に取り組んでいます。

 

参考資料

関連する活動

下肢麻痺を持つ障がい者の日常生活における移動の不自由を解消し、より自由な移動を実現するための補装具開発に向け、革新的なアイデアを持つ世界中の起業家からの提案を公募。優秀提案に対して、試作品製作に向けた活動を支援。