ニュース

トヨタ・モビリティ基金、下肢麻痺者向けの補装具開発コンテストの最優秀賞を発表 自律制御電動車椅子の製品化に向け100万ドルを支援

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation、以下「TMF」)は、下肢麻痺者の移動の自由に貢献する革新的な補装具の実現に向けたコンテスト「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」において、Phoenix Instinct社(英国)の自律制御電動車椅子を

2017年11月から開始した「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」には、世界28か国、80以上のチームから画期的なアイデアが寄せられ、昨年1月に最終候補として選定した5チームが、本プログラムのテクニカルアドバイザーであるピッツバーグ大学人間工学研究所やNESTA(イノベーション推進に取り組む英国NPO)*、トヨタ自動車の関連部門等から製品化に向けたアドバイスを受けながら試作品の制作を進めてきました。 そして、専門家からなる審査委員会が、技術の革新性、実用性、品質・安全性、製品化の可能性、社会への影響を基準に5チームの試作品を評価した結果、Phoenix Instinct社の自律制御電動車椅子を最優秀作品に選定しました。

本作品は、前輪搭載のパワーアシストとAIを活用した重心制御を組合せて車体の制御を容易にするとともに乗り心地を改善し、また下り坂を検知してブレーキシステムが作動する機構を搭載することで安全面での性能を向上させています。

最優秀作品『Phoenix i』
Phoenix Instinct 社 Andrew Slorance CEO

モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ ファイナリスト 5 チームの概要

作品名開発団体概要
Phoenix iPhoenix Instinct (英国)前輪搭載のパワーアシストと AI を活用した姿勢制御を組み合わせた 自律制御機
能付き電動車椅子
The EvowalkEvolution Devices (米国)筋電気刺激を活用した下垂足(足首の麻痺)者向け歩行支援装置
The Evowalk
Qolo
Quix
Wheem-i

参考資料

関連する活動

下肢麻痺を持つ障がい者の日常生活における移動の不自由を解消し、より自由な移動を実現するための補装具開発に向け、革新的なアイデアを持つ世界中の起業家からの提案を公募。優秀提案に対して、試作品製作に向けた活動を支援。