モビリティ・アンリミティッド・チャレンジ (下肢麻痺者用補装具開発コンテスト)

狙い

下肢麻痺を持つ障がい者の日常生活における移動の不自由を解消し、より自由な移動を実現するための補装具開発に向け、革新的なアイデアを持つ世界中の起業家からの提案を公募。優秀提案に対して、試作品製作に向けた活動を支援。

活動主体

NESTA(イノベーション推進に取り組むNPO) https://www.nesta.org.uk/project/nesta-challenges/

ピッツバーグ大学人間工学研究所 https://www.herl.pitt.edu/

トヨタモビリティ基金

主な施策

  • 下肢麻痺者を対象とした車いすや補装具に関する革新的なアイデアをグローバルで公募
  • 有望な提案に対して、実用性や社会での波及可能性等の観点からアドバイスし、具体化に向けた活動費用を支援
  • 最優秀提案に対し、試作品製作のための活動費用100万ドルを提供

成果・示唆

  • 2017年の公募開始以降、 28か国の80余りの団体から革新的なアイデアが寄せられ、2020年12月、英国スタートアップの「自律制御電動車いす」を最終提案に選出。
  • 本公募プロジェクトを通じて、福祉用機器への革新的なテクノロジーの活用意義に対し、投資家やメディアによる関心を喚起。
  • 福祉用機器の実用化に向けては、関連する法規に基づく許認可の取得や政府補助の制度化等、中小の起業家にとってハードルの高いプロセスが存在する。