"> ">

「地域に合った移動のしくみづくり」に対する支援活動

狙い

  • 経済活動の停滞、人口減、高齢化等により、大都市以外では移動に支障が生じている地域が拡大する中、多くの人々が様々な立場で、状況の改善を目指し熱心に取り組んでいる。地域に根付き実効を上げている活動例もあるが、地域毎の特殊要因も多く、成功例をそのまま転用するのではなく、地域の実情に合わせた工夫が必要。
  • このような活動を支援することで、社会環境の変化に合わせながら、「移動の自由と楽しさ」が維持される地域の実現を目指していく。

活動主体

  • 地方自治体、NPO法人、地域の事業者、自動車販売店 等

主な施策

  • 「みんなで作る地域に合った移動の仕組み~自家用車を活用した「自家用有償旅客運送」導入ガイドブック~」の発行
  • 「地域に合った移動の仕組み作り」に対する助成公募
  • 自動車販売店による地域支援活動に対する助成公募
  • 各事業を通じて蓄積したノウハウや人的ネットワークの共有

成果・示唆

  • 活動の円滑な推進に向けて、熱意のあるリーダーの存在と、多様な関係者(ステークホルダー)の巻き込みが重要な条件。
  • 実際の課題から導かれた、現場に合った対策の選択と導入が、活動の継続と成果の実現に向けて重要。対策案ありきで始める場合、結果的に上手くいかないケースが多い。
  • 実効性のある活動として地域に根付き、効果が顕在化するまでには時間を要する。
  • 「みんなで作る」という意識を持つ住民参加の活動とすることで、健康増進やコミュニティの活性化にもつながる。