"> ">

水素社会構築に向けた革新研究助成

狙い

2030年頃の水素エネルギー利用社会の実現に向け、革新的な基礎研究を行う若手研究者による研究活動を支援し、次世代の水素研究のリーダー育成を図る。

活動主体

「水素社会構築に向けた革新研究助成」評価委員会(大学、研究機関の専門家により構成) トヨタ・モビリティ基金

主な施策

  • 水素の製造・貯蔵・運搬・利用などのサプライチェーン全域の低コスト化につながる基礎研究テーマを公募
  • 水素、エネルギー分野の研究者、指導者から成る評価委員の審査により優秀な研究テーマを採択し、定期的なアドバイス、情報交換を通じて研究活動を支援
  • 助成研究の高度化や相乗効果、研究者の視野拡大につながる交流機会を提供

成果・示唆

  • 2017年の公募開始以降、のべ86件の研究テーマ応募があり、3年度で29件を採択。
  • 本活動を通じて、水素研究における第一人者と若手研究者の交流機会を創出し、研究者間のネットワークも構築。
  • 水素エネルギー利用社会の実現には依然としてコストや社会受容性の課題が存在し、その解決に向けて、より多くのステークホルダーを巻き込んだ議論、活動が必要。