日本全国

経済活動の停滞、人口減、高齢化等により、大都市以外では移動に支障が生じている地域が拡大する中、多くの人々が様々な立場で、状況の改善を目指し熱心に取り組んでいる。地域に根付き実効を上げている活動例もあるが、地域毎の特殊要因も多く、成功例をそのまま転用するのではなく、地域の実情に合わせた工夫が必要。 このような活動を支援することで、社会環境の変化に合わせながら、「移動の自由と楽しさ」が維持される地域の実現を目指していく。

人口減少と高齢化に直面する日本において、地域公共交通の縮小による移動困難者の増加が懸念される中、 情報技術の活用や、地域の様々な分野(交通、福祉、教育、医療、観光等)で活動する様々なプレイヤー(行政、市民、公共交通事業者をはじめとした企業、NPOなど)による連携、 さらには複数の地方公共団体の連携といった、新しい発想を取り入れ、イノベーティブな移動の仕組みづくりや社会実装を行う地域を公募し、29件採択

岡山県美作市上山地区にて、過疎化と高齢化により耕作放棄が進んでいた棚田の再生や地域の伝統行事の復活に取り組むNPO法人の活動に対して、移動課題の解決という側面から活動を支援。地域に生活する高齢者や子供の日常生活における移動の不便を解消しながら、農業や観光業による経済の活性化を図り、日本の国土保全にとって重要な役割を担う中山間地域の維持に向けたモデル作りを図る。

高齢化や人口減少に直面する典型的な地方都市である兵庫県豊岡市において、地域の実情や経済規模に合わせたICT技術や新たなサービスを活用し、移動を含めた生活手段の利便性を維持、向上しながら、地域の人々の心がつながる豊かなコミュニティ作りを目指します。

各自治体では、交通事故の未然防止や災害時 の避難ルートの確保等のために道路維持管理を実施。道路の老朽化による維持、更新費用の増大や近年頻発する自然災害による被害の拡大により、財政難の中小自治体では従来同様の道路維持管理の継続に支障。走行中の車両から得られるデータを活用して道路維持管理業務を効率化・高度化する仕組みの構築を図る。

交通事故件数・死傷者数継続的に減少傾向にはありますが、依然として事故は発生しています。自動車メーカーや関連する事業者、政府・自治体、地域社会等と連携をしながら、“交通事故死傷者ゼロ”の実現を目指して活動を行っていきます。

2030年頃の水素エネルギー利用社会の実現に向け、革新的な基礎研究を行う若手研究者による研究活動を支援し、次世代の水素研究のリーダー育成を図る。